暗殺教室のカルマ(赤羽業)はなぜあんなにかっこいいのか分析してみた

暗殺教室はブームが起きて映画化もされた歴史に残りそうなぐらいの名アニメ。
化け物と学校と暗殺という特殊な設定でありながら1人1人のキャラが濃くて面白い。

中でもカルマ(赤羽業)は別格。

なぜカルマはあんなにかっこいいのか分析してみた。

SPONSORED LINK

能ある鷹は爪を隠す

carma4

能ある鷹は爪を隠す・・・優れた能力の持ち主は、それを他人にひけらかしたりはしないということ

カルマはクラスで断トツの頭のキレ、名門校でトップの成績、抜群の運動神経というチートクラスのスペックを持っている。
でもそれを決して自慢することはなく、普段は大人めのクールキャラ。

  • 成績では中間、期末で学年トップを争う

  • 運動神経ではバットを至近距離から避ける、喧嘩最強。

  • 学習能力では烏丸先生の防御テクニックを見て覚えて素手で頭蓋骨潰せる殺しのプロ相手に対等に渡り合う

  • 頭のキレでは要所要所でクラスのピンチを救う

これだけの才能があるカルマ。
もうそれだけでかっこいい。

そしてその才能を出曝け出さず、クールでドSな俺様キャラを演じるから余計にかっこいいのだ。

抜群の才能あるのにそれを自慢もせずに隠してる人はそれだけで無条件にかっこいい。

自信満々な態度

carma2

カルマはどんな場面でも基本的に自信満々で落ち着いている。
一度だけ期末で成績が落ちたときに自信が崩れてコロ先生にいじられたことはあるが。

その場面を除いてカルマは常にドSで自信満々な俺様キャラを演じてきた。

常に自信満々な男って実はいろんなアニメや漫画、ドラマにでてくる。

で、こういうキャラって必ずめちゃくちゃかっこいいのだ。

例を挙げると暗殺教室ではカルマの他に烏間、ワンピースのゾロ、ロー、スラムダンクの流川、ブリーチの朽木白哉、テニスの王子様の越前、アカギのアカギなど。

自信のある男はかっこいい。リアルにも通じる掟だと思う。

かっこよすぎる善良な不良というギャップ

carma3

不良だけど根は善良なキャラってどんなアニメ・ドラマでもかっこいい。

こういうキャラに惚れる女子は多いと思う。

ルーキーズが流行ったのもそれだし。

カルマの場合は不良で授業はサボりまくり、朝礼も出ない。
にもかかわらず裏では努力してて成績トップ。

それでいて成績をひけらかすこともなくいたずらが大好き。

でも大事な場面ではクラス断トツの頭のキレでかっこよく人に指示を出したり、コロッと大事なこと言ったり。

ホントにこいつかっこいいなと男から見ても思う。
 

SPONSORED LINK

カルマのかっこいいシーンを集めた動画

YouTubeにアップされてるカルマのかっこいいシーン集。
カルマのかっこいいシーンを見返したい人はどうぞ。

まとめ

  • かっこいい男は爪を隠す
  • かっこいい男は自信満々の態度を崩さない
  • ギャップのある不良はかっこいい
 
こちらの記事もおすすめ
暗殺教室の烏間先生に学ぶ大人の男の強さとかっこよさの秘密
暗殺教室の面白さをガチで解説してみる

SPONSORED LINK