日本のポケットwifiは海外で使える? 海外の無料wifiやレンタルwifi

日本のポケットwifiは国内ならいつでもどこでも使える。
この感覚だとなんとなく海外でも使えそうな気がする。

でも使っちゃダメだ。恐ろしいことになるぞ。

SPONSORED LINK

日本のポケットwifiは海外で使える?

日本のポケットwifiは一応海外でも使えるようになっているようだ。

しかし、何のプランにも入らずに海外でポケットwifiを使うとどうなるかというと・・・

請求額400万
 

「・・・は?」
 

「はああああああああ???」
 

なんてことになる。
冗談じゃなく、実際にあった話。

海外で日本のポケットwifiは絶対に使ってはいけないのだ。

ちなみになぜこうなるのかというと普通、wifiには定額プランというものがあってそのおかげで料金が安く抑えられている。

海外でポケットwifiを使うと海外の通信会社を通してネットを使うことになる。
なぜなら海外には日本の通信会社の基地局なんてないからだ。

で、あなたはもちろん、海外の通信会社とは何の契約もしてないのでノープランでネットを使うことになる。
その結果がたったの1日で400万というわけだ。

もしこんなことになってしまったら弁護士に相談するしかない。
仮に免除になったとしても弁護士に相談するだけでもかなりのお金が飛ぶのでマジで泣くことになる。

というわけで絶対に日本のポケットwifiは海外に持っていかないようにしよう。
 

SPONSORED LINK

海外は無料wifiスポットが充実してるって本当?

本当だ。
海外にはいたるところに「FREE WIFI」みたいなマークがあり、無料wifi施設が充実している。

主にマック、スタバを始めとするカフェ、ホテル、空港、デパートなどで無料wifiが使える。
しかも日本と違って契約なしで使えるケースが多い。

もしあなたが海外旅行先でwifiのあるホテルに泊まるなら、場合によっては自分でwifiを用意する必要はないだろう。

ただし、公共の無料wifiを使う際に1つ注意点がある。
それは脆弱性だ。

海外の無料wifiスポットでネットを使うと、まれにパスワードを盗まれたりすることがある。
GoogleやFacebookのパスワードを盗まれると個人情報が流出してしまう。

一番やばいのはクレジットカードの番号や銀行の口座番号の入力。
これを無料wifiでやるにはリスクが大きすぎるので絶対やらないようにしよう。

海外でポケットwifiを持つならレンタルwifiがおすすめ

確かに海外には無料wifiスポットが充実している。
でも世界中どこでも充実しているわけじゃないし、海外旅行では移動中に調べものなどでwifiを使いたいが、周りにwifiスポットがなかなか見つからないケースもある。

移動中やホテルの外でwifiを常に使える状態にしておきたいなら、日本のポケットwifiのようなものが必要だ。

では海外で日本のポケットwifiのようなものを持つにはどうしたらいいだろう?
選択肢は2つある。

  1. 海外用のポケットwifiを日本でレンタルして持っていく
  2. 海外用のポケットwifiを現地でレンタルする

 

2に関しては語学力を要する。
しかしある程度語学力があったとしても現地の連絡先や住所がないと契約できないかもしれない。
したがって現地でポケットwifiを契約するのはなかなか難しい。

1の日本で海外用ポケットwifiをレンタルする方が断然楽だ。

おすすめはグローバルwifi

料金は

4G・LTEプラン(1日250MB)・・・500円/日
4G・LTE大容量プラン(1日500MB)・・・670円/日

携帯会社のパケ放題が海外だと2,980円/日かかることを考えると78%もお得だ。
海外で1食の食事代程度の料金でインターネットが使えるのは実際かなりの好コスパだと思う。

ただ1日500MBまでなので動画とか見まくる人には向いてない。
調べものとか、メールやライン、ウェブ閲覧ぐらいなら500MBあれば十分可能だ。

こちらから申し込むとレンタル料5%オフで受取手数料540円も無料になるのでどうぞ。

まとめ

  • 海外で日本のポケットwifiは絶対使っちゃダメ
  • 海外には無料wifiスポットが充実してるけどセキュリティが弱いので注意
  • 海外で移動中なども無料wifiスポットに頼らずにネット使いたいなら海外用のレンタルwifiを借りるのがおすすめ
SPONSORED LINK