海外にお金を持ち込むもっとも安くて安全な方法はコレ! 「国際キャッシュカード」

海外にお金を持っていく手段はたくさんある。その中でももっとも安全で便利なのが国際キャッシュカードだ。

国際キャッシュカードというのは簡単にいえば日本の銀行のキャッシュカードの国際版。

海外に長期で行く人には必須のアイテムだ。

SPONSORED LINK

海外にお金を持ち込む手段「国際キャッシュカード」の利便性

通常、海外で現地通貨を手に入れるには日本円を銀行などの両替所で両替してもらう必要がある。これはかなり面倒だ。

しかし、国際キャッシュカードがあればATMさえあれば現地通貨を引き出せる。つまり、日本にいるのと同じ感覚でお金をカードに預けたり、引き出したりできるのだ。

だから国際キャッシュカードは海外に長期滞在する人や、短期でも大量のお金を持って行く人には絶対に必要なものだと思ってほしい。
 

クレジットではないので日本でお金を入れた状態で持って行き、現地に到着したら必要なときに必要な分だけATMから引き出せる。

もちろん引き出しすぎてしまったときは入金もできる。

国際キャッシュカードの安全性

ネットバンクなどを利用すれば海外にいながら日本の銀行から国際キャッシュカードにインターネット上の取引で追加入金することもできる。

これは安全面で非常に優秀だ。心配な人は少額ずつカードにお金を入れることができる。さらに万が一カードを紛失した場合はすぐ電話で止めれる。

要するに国際キャッシュカードはもっとも安全に海外にお金を持って行く手段である。
 

SPONSORED LINK

国際キャッシュカードの手数料

基本的に海外でお金を引き出そうとすると通常の手数料+両替手数料がかかり、割高になってしまう。しかし、ある種類のカードを使えばこの手数料をかなり抑えられる。

そのある種類のカードとは「ネット銀行のカード」だ。

通常、ネット銀行はFXなどで使われる。FXではかなり頻繁に為替のやり取りがされるため、元々手数料が安く設定されている。これらのカードはFX専用なのかと思えば、そうでもなく、一般利用が可能なのだ。

海外に行くならこのネット銀行のキャッシュカードを利用しない手はない。
 

以下にネット銀行の国際キャッシュかードを手数料の安い順に並べたので参考にしてほしい。
 

また、海外では紛失した際にカードを止めることができる。そういうケースも考慮すると最低2枚は用意しておきたい。

私のおすすめは最新のセキュリティシステム「トークン」のついたジャパンネット銀行だ。

また手数料の安さだと住信SBIネット銀行が頭1つ抜けてる。2016年現時点ではこの2つがそれぞれお得度、安全度でおすすめだ。

国際キャッシュカード手数料比較表

銀行 レート 引出手数料 年会費
ジャパンネット銀行 VISA円換算レート+3.02%(税込) 無料 無料
住信SBIネット銀行 VISA円換算レート+ 無料※米ドル決済ショッピング 1.5%(非課税)※米ドル決済ATM 2.5%(非課税)※米ドル決済以外 無料 無料
三菱UFJ東京銀行 VISA円換算レート+3% ※利用金額の0.2~0.5%を自動キャッシュバック 108円 初年度無料 2年目以降1,080円(税込)※前年ショッピング利用10万で無料
楽天銀行 VISA円換算レート+3.024% 無料 無料(JCB デビット) 1029円(VISA デビット)
新生銀行 VISA円換算レート+4% 無料 無料

以上、海外にお金を持ち込むもっとも安くて安全な方法、「国際キャッシュカード」を紹介させていただいた。

クレジットカードについてはこちらを見てほしい。
海外に行くなら絶対必要! 現地で便利なクレジットカードの2つの条件とは?

SPONSORED LINK