Macのショートカットキーを元Windowsユーザー向けに解説!

WindowsからMacに変えて最初に困るのはショートカットキー。

Windowsで使えたはずのキーが効かない。
MacとWindowsのショートカットキーは似ているけど微妙に違うから仕方ない。

私も会社のMacを初めて使ったとき結構手間取った。

そんな経験を活かして、Windowsを使っていた人が初めてMacを触ったときに覚えるべきショートカットキーを解説する。

ちなみにMacのショートカットキー覚えるとWindowsに戻れなくなるくらい楽になるぞ。

SPONSORED LINK

MacのショートカットキーでWindowユーザーが戸惑う操作

はじめに、Windowユーザーが戸惑うMacのソートカットキーの基本操作などを解説する。
 

基本操作

基本操作はWindowsとほぼ同じ。
ただWindowsでControlキーを使っていた場面で代わりにCommandキーを使うだけ。

最初は戸惑うだろうけど慣れれば簡単だ。

操作 動作
Command + X 切り取り
Command + C コピー
Command + V 貼り付け
Command + Z 取り消し
Command + A 全選択
Command + D ブックマーク
Command + F 検索

 

特殊操作

MacではWindowsと違って、スクショを撮るのが若干めんどくさい。
まぁ慣れれば簡単っちゃ簡単だけどね。

操作 動作
Command + L URL選択
Command + Shift + 3 スクリーンショット(全画面)を撮る
Command + Shift + 3 スクリーンショット(選択画面)を撮る

 

ちなみに「Macがフリーズしたときの対処法 強制終了コマンド(Control + Shift + Dell)は?」でも書いてるけど強制終了コマンドはMacではCommand + Alt(option) + Esc。

これはWindowsと同じキーを押しても反応しないのでよく覚えておこう。
 

SPONSORED LINK

Windowsユーザーが覚えるべきMacのショートカットキー

次にMac特有のショートカットキーを紹介する。
Windowsではないものなので乗り換えたばかりの人は知らないと思う。

めちゃめちゃ便利なので覚えることをおすすめする。
 

ページ操作

Page up/down、home/endキーで行うページスクロールそうさ操作がMacではCommand、option、矢印キーを使うことでできる。

これを使うことでネットサーフィンがはかどる^^

操作 動作
Command + ↓ ページ最下部に移動
Command + ↑ ページ最上部に移動
Option + ↓ 半ページ下にスクロール
Option + ↑ 半ページ上にスクロール

 

ブラウザ操作

複数のブラウザを立ち上げてネットサーフィンする人にとってMacのショートカットキーは神だと思う。

元Windowsユーザーでこれ使ってない奴はマジで損してると思うくらい便利な機能。
特にWindowsにはないタブ移動が超便利。

操作 動作
Command + W 今開いてるウインドウを閉じる
Command + T 新規タブを立ち上げ
Command + U 新規ウインドウを立ち上げ
Command + → 進む
Command + ← 戻る
Command + Option + → 1つ右のタブに移動
Command + Option + ← 1つ左のタブに移動

 

ちょっとした小技

Command + LでURL選択したあとCommand + CでURLをコピーし、Command + Uで新規ウインドウを立ち上げCommand + VでさっきコピーしたURLを貼り付け。

これで一瞬で今見てるページを別ウインドウでもう1つ立ち上げることができる。
1つのURLのページの上部分と下部分を比較しながら同時に見たいときなんかに便利だ。

まとめ

特にブラウザ操作のショートカットキーを覚えると驚くほどネットサーフィンの効率が上がる。
これを覚えたらもうWindowsには戻れない・・・と個人的に思ってる。

SPONSORED LINK

これもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。