東京に引っ越してきた人が知りたい大手銀行口座の手数料比較

東京に引っ越しってきてまずやることの1つは銀行口座の開設だと思う。
ここでは東京都内の大手銀行4種それぞれの手数料などを比較する。

SPONSORED LINK

1. ATM手数料 自社銀行のATMを利用する場合 – 平日

銀行 0:00-8:00 8:00-8:45 8:45-18:00 18:00-21:00 21:00-23:00 23:00-0:00
三菱東京UFJ 108 108 0 0 108 108
三井住友 108 108 0 108 108 108
みずほ 216 108 0 108 108 216
りそな 108 108 0 108 108 108

 

2. ATM手数料 自社銀行のATMを利用する場合 – 土日

銀行 0:00-8:00 8:00-8:45 8:45-18:00 18:00-21:00 21:00-23:00 23:00-0:00
三菱東京UFJ 108 108 0 0 108 108
三井住友 108 108 108 108 108 108
みずほ 216 108 108 108 108 22:00以降
利用不可
りそな 108 108 108 108 108 108

 

その他提携銀行の場合3社とも手数料が同じなので省略

3. 振込手数料 3万未満/3万以上

銀行 当口同一支店 当口他店 他口
三菱東京UFJ 0/0 108/108 270/432
三井住友 0/0 108/108 216/432
みずほ 0/0 108/216 216/432
りそな 0/0 108/108 432/432

 

4. 銀行データ

銀行 店舗数 貸出金残高 預金残高
三菱東京UFJ 773 64兆9,817億1,500万円 114兆4,637億2,100万円
三井住友 454 65兆7,785億円 85兆4,965億円
みずほ 420 66兆8,365億5,300万円 86兆486億7,800万円
りそな 339 18兆4,819億5,700万円 23兆28億800万円

 

データは以上だ。
はっきり言って差があまりにも微々たるものなのでどれを選ぶかは利便性だけで選んでいいだろう。
 

SPONSORED LINK

具体的に選ぶ時の基準

東京にはいろんな銀行があるが、上の4つの銀行が特に数があり、利用者も多いためメガバンクと呼ばれている。東京に住むならこれらのメガバンクのうちの1つを選びたい。
 

選び方のひとつは家賃の振り込みだ。家賃の振込先の銀行と同口の銀行にしておけば手数料が安く済む。

また、フリーターとしてバイトをする場合なんかは給与の振込先銀行口座が決められているケースも多い。その場合は決められた口座を選ぶしかない。
 

重要な点として、自宅からATMまでの距離は必ず調べておこう。遠いと結構めんどくさい。

上記に上げた判断材料を気にしない場合、上のデータからすると、三菱東京UFJ銀行がもっとも使いやすい。

平日、土日とも自分の口座でお金をやり取りする場合の手数料が8:45-21:00で無料というのは他ライバル銀行に圧倒的な差をつけている

これを踏まえると、基本は家賃の振込先や近場にATMがあるかで判断し、迷ったら三菱東京UFJ銀行の口座を開くのがいい。

三菱UFJ銀行を選ぶ際の注意事項

ただし、ここで重要な点がひとつある。

三菱東京UFJ銀行にはエコ通帳というシステムがあり、口座を作ろうとするとエコ通帳を勧められる。
いいか、よく聞いてほしい。
 

絶対にエコ通帳にしないこと
 

絶対にエコ通帳にしないこと
 

大事なことなので2回言った。

なぜかというと、会社でもネット上の何らかの手続きとかでも銀行通帳のコピーが必要なケースが意外とある。

エコ通帳にしてしまうと紙の通帳が発行されないため、私は通帳のコピーを作るためにわざわざ他の銀行口座を開いたり、一度三菱UFJ銀行の店舗に行ってエコ通帳停止と通帳発行の手続きをしにいくハメになった。

私と同じハメにならないためにもエコ通帳は絶対やめておくように。

SPONSORED LINK