人間の脳にコンピュータを入れる技術の開発 勉強いらなくなるかも?

最近、面白いニュースを見つけた。
なんでも人間の脳にコンピュータを入れる研究が進んでいるとか。

これって私が昔ハマってたSF小説に出てくるアレそのものなんだけど!
面白いのでちょっとそれについて記事を書いてみる。

SPONSORED LINK

人間の脳にコンピュータを入れる技術の開発が進んでいるらしい

「AIとヒトの融合」をひとつのテーマに掲げて活動していたイーロンマスク氏がついに人間の脳にAIを接続する技術を開発する企業、「Neuralink」を立ち上げたという。

マスク氏いわく、
やがて人間の能力を超えてくるであろうAIの能力に立ち向かうためには、人間は希望者ベースでAIを脳に組み込むことでその能力をブーストアップしてコンピュータに立ち向かう必要があるんだとか。

(参考:Gigazine)
 

え? それってまさに私の愛読書「ウィザーズブレイン」の世界そのものじゃないか!
 

私が中学生の頃から愛読している電撃文庫のライトノベル「ウィザーズブレイン」の世界では、脳にコンピュータを入れた人間の進化系である魔法士と、通常の人間との争いがテーマになっている。

この世界の魔法士は、脳とコンピュータを接続することで、人類の限界を超えて身体能力を引き出したり、物理法則を超える魔法を使うことができる。

その世界は2200年、つまり200年後くらいの世界を描いてるんだけど、まさかこんなに早くこれをやろうとしてる人がいて、しかもその技術の開発のためだけに会社作っちゃうとはねー。

さすがに魔法は使えないと思うけど、マスク氏の言う、AIを脳に組み込むことでその能力をブーストアップってのが具体的にどういうことなのか今後注目したい。

とりあえずウィザーズブレインのような、脳とコンピュータを接続するSFが大好きな私が、人間の脳にコンピュータを入れる技術の開発されたときに具体的にできそうなことを妄想してみる。
 

SPONSORED LINK

人間の脳にコンピュータを入れるSFの世界が実現するとどうなるか?

教科書や辞書、電卓をダウンロードしたコンピュータを脳と接続することで勉強がいらなくなる

脳にコンピュータを入れると聞いて、私が最初に思いついたのがこれ。
そのコンピュータに学校で習う知識全部入れちゃえば勉強しなくてよくなるよね?
 

全世界の勉強嫌い、歓喜^^
 
英語の勉強とかしなくても、世界中の人とコミュニケーションがとれるようになるんだろうね。
 

WiFi入りのコンピュータを脳内に入れることで頭の中でネットサーフィンができる

次にこれできたら本当にすごいと思うんだけど、脳の中にコンピュータ入れて、頭の中でそのコンピュータを操作できるんだとしたら・・・。
 

全国のオタク、歓喜^^
 
頭の中で考えただけでネットサーフィンできちゃうとか、やばすぎでしょ。

例えばスーパーで見つけた黄色いみかんに似てるんだけどなんかポコッと頭が出てるこの果物、なんていうんだっけ?

って思ったら勝手に脳がググって「でこぽん」って答えを出してくれるとかね。
パソコン音痴もクソもなくなるね^^
 

ソードアートオンラインのような意識をゲームの世界にダイブするオンラインゲームがプレイできる

そしてアニオタたちがひそかに描いている夢である、ソードアートオンラインの世界。

こんなん実現したら全国のネトゲ廃人、歓喜どころじゃないかも^^

これは頭の中にコンピュータ入れなくても、とりあえず脳の回路とAI融合したらできそうな感じ。
もしこれできたら、本当もうみんなネトゲが楽しすぎてもうリアルで人と関わらなくなりそうだね。
 

体内時計を調節して起きる時間をコントロールできる

これは一番簡単に実現できそうな機能。
体内時計がコントロールできるようになれば寝坊とは無縁になる。

全国のお寝坊さん、歓喜^^

海外行っても時差ボケせずに済むだろう。
 

コンピュータで体の不調を監視して重大な病気を早期発見できる

ちょっと真面目な機能だけど、これ重要。
コンピュータに自分の体を読み取らせて不調なところがないか確認できる機能。

ガンの早期発見につながって寿命伸びるだろうね。
 

麻酔を使わなくても痛覚を遮断して手術や歯医者の治療を受けれる

痛覚遮断。脳の痛覚を表す電気信号が通る回路をどこかで切っちゃうことで痛覚を感じないようにできる機能。

これで歯医者は麻酔いらずなので治療してすぐにご飯が食べれる。
あとは転んだときや火傷して痛いとき、口内炎が痛いときに使えば楽。

痛覚だけじゃなく、味覚を消して青汁飲んだり、聴覚消して騒音に耐えたり、嗅覚消してトイレ掃除したり、触覚消して虫に触ったり。

あんまりやりすぎると人間hじゃなくなるから要注意だけどね。
 

認知症や麻痺、言語障害など、脳の機能が一部壊れてる人の脳をコンピュータが補うことで、正常な人間として生活できるようになる

これはものすごく真面目な機能だけど、一番必要とされてる機能。
実際に今行われてる研究はこういう目的なんだよね。

この技術が実現すれば世界から障害者はいなくなる。
一番最初に開発されるのはこの技術だろうね。
 

逆にこの技術が開発されたらソードアートオンラインとか、勉強がいらなくなる世界とかが見えてくると思って期待していいかも^^

現実的にできそうなことはこんなところか。

まとめ

今人間の脳にコンピュータを入れる技術の開発が進んでいる。
目的は認知症や麻痺、言語障害などを患ってる人の脳の欠陥を補うこと。

この技術が実現したらSFの世界が実現して世界はやばいことになりそう。
 
頭の中にコンピュータ入れることができる世界がどうなってるのかもっと知りたい人は「ウィザーズ・ブレイン」を読んでみよう。

このラノベ、クソ長いけどガチで面白いよ^^

SPONSORED LINK

これもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。