JINSの保証期間内にできること フレーム交換・レンズ交換、返品について

jinsmegane

JINSといえばとにかく安いことで有名な店。

でも実はアフターフォローもすばらしいというのはあまり知られてない話。

今回私はJINSでメガネを買った後、2度無料でフレームを交換した。
その後保証期間が過ぎたあと有償でレンズ交換した。

そのときのことについて話したいと思う。

スポンサーリンク

JINSの保証期間内に返品しようとしたら無理だった話

まず私がJINSでメガネを買ったのは12月だった。

そのとき私は主にコンタクトレンズを使っていて、メガネはあまり使っていなかった。

外ではコンタクト、家ではメガネの生活。
ずぼらな私はメガネのケアを怠っていたため、レンズが埃や傷でだいぶ汚れてしまっていた。

あるとき私は外でもコンタクトをやめてメガネにすることにした。
そこでメガネを新しく新調することにしたのだ。

当時私は元のメガネもJINSだったが、そのメガネが気に入っていたため、同じものを買おうとした。

が、店員に聞いたらないらしい。JINSは商品の入れ替わりが激しすぎて同じものを買おうと思っても難しいようだ。

仕方ないので新しいメガネを買うことにした。
 

しばらく物色し、よさげなフレームを選んでレジに持って行ったときについでに元のメガネのネジを締めるのもお願いした。

すると、店員は私の超汚いメガネのレンズをご丁寧に洗ってくれた。

心の中で「すいません汚くて」と思いつつ、返された元のメガネを見てびっくり!
いくら拭いても落とせなかったレンズの汚れがきれいに落ちてる。
 

「あれこれ新しいメガネいらなくね?」と思いつつ、もうすでにフレームを選んでしまっていたのでそのまま購入手続きに進む。
 

視力を測ったあと、度数をどうするかって話になったけど、私は仕事でもプライベートでもパソコンを使いまくる。
そのため、度数は弱めにしてほしいと頼んだ結果、元のメガネと同じ度数になった。

その日はそのままメガネ一式を購入して帰宅した。
 

しかし1週間後。

新しいメガネはデザインはいいんだけどつけ心地がよくない。
つけてるとなんだか頭が痛くなる感じがあった。

まぁ元のメガネがだいぶ気に入っていたこともあるが・・・。

そして元のメガネはレンズがきれいになったので全然使える。

やっぱり新しいメガネいらないなコレ・・・。

メガネを購入したときに店員はこう言っていた。

「購入後6か月までは保証がついてて無料でレンズ・フレーム交換できるので保証書はなくさないようにしてください。」

と。

jinshosyousyo

保証書を見てみると、こう書いてある。

保証期間
お渡し日より6か月

保証範囲

  • フレーム
  • 保証期間中に商品不備が原因で破損が生じた場合。ただし、同一商品の在庫がない場合は同額商品で代替え致します。
    ※JINS MEMEフレームは対象外

  • レンズ
  • 日常使用において見え方に不具合が生じた場合、保証対応いたします。
    ※JINS MEMEに関する保証は取扱店のみでお受けしております。

保証対象外
a.故意·過失·不注意による損傷、紛失(現品・本保証書)の場合
b.火災や地震などによる天災が原因で破損が生じた場合
c.お買い上げ後のデザイン·カラー変更の場合
d.アウトレット・セール品のフレーム

ちなみに保証はJINSどの店舗でも受けられるのでわざわざ購入した店舗に行かなくてもいい。

保証書には返品については書いてないようだ。
ホームページも見てみた。

Q 商品の返品はできますか?

A ご購入後の返品は承っておりませんが、商品の不具合は保証で対応致しております。

引用元:https://www.jins.com/jp/faq/realshop/repair/post-135.html

うむ。できないようだ。
でも買ったばっかだしなんとかなるんじゃないか。

そう思って1週間後、買った店に行ってダメ元でお願いしてみた。

「すみません。先週ここでメガネ買ったんですけど。」

「はい。どうされました?」

「ちょっとメガネのつけ心地が悪くてですね。」

「保証書はありますか?」

「はい。」

「メガネは外でお使いになりましたか?」

「いえ。室内のみです。」

「・・・はい。無料でフレーム交換できます」

「できれば交換じゃなくて返品したいんですけど・・・。」

「返品ですか。少々お待ちいただいていいですか?」

「はい」

・・・・

「お待たせしました。返品の理由についてですがつけ心地が悪いということですよね?」

「はい、そうですね。前のメガネの方がいいんで。」

「そうですか・・・。大変申し訳ないんですけどお客様都合での返品は承ってないんですよ。」

「・・・はぁ。そうですか。」

「申し訳ございません。でも交換でしたら2回まで無料でできるので! どうしますか? 交換されますか?」

「・・・そうですね。はい」

「申し訳ございません!」

いや、そんなに謝られても。こっちが悪いんだし。
と思うと同時にやっぱり無理だったか。でも言い方間違えなければいけたかもとちょっと後悔。

「つけ心地が悪かった」なんて言ったらそりゃあダメだわ。
「メガネかけたら頭が痛くなるんです」で押し切ればいけたかも。
 

スポンサーリンク

JINSの保証期間内にフレーム交換を2回もした話

で、返品できなくてちょっとがっかりだった。
前のメガネで充分だったから。

でも新しく買ってもたかが5000円。
割り切って新しいメガネのフレームを探すことに。

今回はもうちょっと真剣に選んで交換してもらった。
保証を受けると保証書が2枚になってちゃんと1回保証使ったってわかるようにしてるようだ。

jinshosyousyo2
 

しかしその後2週間・・・。

うー。どう考えても前のメガネの方がつけ心地がいい。

なんというか、新しいメガネはレンズと顔の距離が近すぎるのだ。

元のメガネはここに適度な距離があったからよかったのだが、新しいメガネはとにかく顔とレンズの距離が近すぎてつけてると頭痛がしてくる感じだった。

結局新しいメガネを使う気にはなれず、これじゃ新しいメガネを買った意味がないという状況に・・・。

「どうしよう。」

保証は2回まで。つまりあと1回は交換できるはず・・・。

さすがに嫌な顔されるだろうなーと思いつつ、このままじゃ5000円損しただけで終わっちゃうので意を決してもう一度同じ店に行き、交換してもらうことに。
 

今回は前回と違う店員だったのでまだよかった。

今回も保証書を見せると

「はい。大丈夫です。交換できますよー^^」

と言われて安心して新しいメガネのフレームを選ぶことに。

保証が使えるのは2回までだから今回が最後。
さすがに今回は慎重になる。

とにかくレンズと顔の距離がある程度離れてるメガネを選べばいい。
そのためにはメガネフレームの鼻パッドの部分にある程度高さがあるやつを選べばいいはずだ。

そう思って鼻パッドが高めのフレームを探し回った。
でもない。どこを探しても元のメガネ並みに鼻パッドの高さがあるフレームはない。

もうメガネのフレーム選びで失敗はできない・・・。
仕方ないので店員に聞いてみた。

「すみません」

「はい。何かお困りですか?」

「レンズと顔の距離がある程度離れてるフレームが欲しいんですが・・・」

「それでしたら調節できますよ^^」

「え? マジすか?」

「はい。ただフレームの種類によってある程度調節できる高さに限界はあります。また調節できないフレームもございます。鼻にかける部分がプラスチックになってるものですね。金属になってるものを選んでいただければ調節いたします。」

「そうなんですか。」

「言ってもらえれば調節してお渡ししますので。」

「はい。ありがとうございます。」

「いえいえ。いつでもどうぞ^^」

ほっ。聞いてよかった。

とにかく鼻パッドの部分が金属でできてる奴なら簡単に高さを調節できるようだ。

jinsmegane2

メガネをよく見てみると、確かにこの金属部分は曲げれるので調節できることがわかる。
よし、これで安心してフレームを選べるぞ^^

・・・20分後。

今度こそと思ってちゃんと鼻パッドの高さを調節できてつけ心地もかなりいいメガネフレームを選んだ。

さっき説明してくれた店員に高さ調節してもらい、つけ心地バッチリにしてもらってから店をあとにした。
 

ちなみにだけどJINSの保証期間中のフレーム交換は簡単に行く場合と行かない場合があるらしい。

というのも保証書には「保証を受けれるのは商品に不備があった場合」と書いてある。

客の都合での交換は本来できなくてもおかしくない。

で、ネットで調べてみると・・・

  • 似合わなかったので交換したいんですが・・・OK
  • 子供が壊しちゃったんですが・・・OK
  • 踏んで壊しちゃった・・・OK
 

「えー? あまあまじゃん!」
 

でもできなかった人もいるみたいなんで絶対というわけではなさそう。
甘めの店と厳しめの店があるんだろう。

ちなみに私が行ったのは東京の店舗。
 

そしてついに見つけてしまった。返品できた人!

たくさんのメガネを試着したけど、どのメガネも自分が気に入らなかったので、恐る恐る店員さんに「返金は可能なのでしょうか?」と聞いてみました。

そうすると店員さんは「はい。分かりました。すぐに手続きをいたしますので、座ってお待ちください。」と言ってくれたんです。

フィッテングに難があったけど、選んだのは自分だし店員さんは全く悪くないのに、すぐに返金に応じてくれて、お金を返してくれました。

引用元:JINSでダメなメガネを買ったらフレーム交換じゃなく返金してくれた!

 

あー!やっぱり!

私も耳が痛かったり頭痛がしたのは事実だったので

「つけ心地が悪くて」じゃなくて

「耳が痛くなるんです」
「つけてると頭痛がするんです」

って言えばおそらく行けただろう。

返品理由について、「つけ心地が悪いとのことでしたよね?」と聞かれたときに「やべ!まずった!」と思ったんだ。

いやー、言葉選びは間違えちゃいけない。

まぁただで2回もフレーム交換してもらってて2回目のメガネは今もバッチリ使えてるので全然いいけど。

JINSの保証期間が過ぎたので有償でレンズ交換した話

その後の話だが実はコンタクトからメガネにしたらガクッと視力落ちた。
メガネにしたら視力落ちた!って人は結構いるようだ。

メガネとコンタクトの違い 目に負担がかからないのはどっち?

2017.03.10

この前健康診断があったんだが・・・0.4!

どおりで少し離れた人の顔も見えないわけだ。

健康診断の結果のところに「要精密検査」なんて書かれちゃったんで、さすがにメガネのレンズを交換することにした。

このとき初めてJINSの保証を2回使い切ってしまったことを後悔した。

6か月保証がついてればその間に視力が落ちることは全然あることなんで、保証はぎりぎりまで取っておいた方がお得だ。

ちなみに保証でフレーム・レンズが交換できるのは2回までですが、これはフレーム・レンズ2回ずつではなく、合計2回なので注意。

また保証でのレンズ交換ですが、「視力が落ちた」という理由で全然OK。
むしろそのために保証がついてるようなもの。

しかし今回は保証期間も過ぎてますし、2回使い切ってるのでもちろん保証は使えない。
でも保証が使えなくてもレンズ代は両目で5000円で交換してくれるので安いものだ。
 

というわけでレンズ交換。
視力検査して今回は度をある程度強めにしました。

というのも家でのパソコン作業時には度の弱い元のメガネを使えばいいので。

レンズの交換は30分程度で終わった。

そしてびっくりしたことにレンズ交換した人には新しいメガネケースをプレゼントしているとのこと。

もらったメガネケース↓
jinscase1
jinscase2

さすがJINSさん太っ腹ですねー。
ちなみに私このJINSのメガネケースのシンプルなデザイン、結構好きだ。

ちょうど元のメガネ用のレンズケース欲しかったしラッキー^^

さらにレンズ交換したときも保証書がもらえて半年以内のレンズ交換は無料とのこと。
つまりまた半年以内に視力が落ちたら無料で交換してもらえる。

つまり新しいメガネに変えるか保証期間過ぎてからレンズ交換するかしない限りメガネの維持費が0円で済む^^

JINSってただでさえメガネ代安いのにこんなにサービスしてやってけるのかな。
まぁ安さのおかげでめちゃめちゃ新規顧客つかんでるから平気なのかも。

とにかくJINSは新品が安いだけじゃなくてアフターフォローもいいよって話でした。

まとめ

JINSのメガネの保証は

  • フレーム、レンズともに2回まで無料(合計2回)
  • レンズは視力が落ちたという理由で交換OK
  • フレームは本当は商品の不備があったときだけ交換OKと書かれてるけど、実際には客の不注意で壊した場合も受け付けてもらえてる人も多い

ただしフレームを交換してもらうときのポイントとして

「似合わなくて」とか
「つけ心地が悪くて」

よりは

「耳が痛いんです」
「頭痛がするんです」

と言った方が交換してもらえる確率は高いだろう。
返品できた人もいるわけだし。

一応今後JINSが全国的に統制を図って厳しくなる可能性もあるけど今のところはかなり甘い対応をしてくれるという情報が多い。

安さが売りのJINSだけどアフターフォローもすばらしいJINS。
今後も日本のメガネ市場はJINSがシェアを伸ばしていきそうだ。
 

パソコン仕事とコンタクトの相性は? メガネにすべき? 工夫の仕方

2017.03.13

スポンサーリンク


これもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。