みんな知ってるドローポーカーとカジノのテキサスホールデムの違い

日本人にとってポーカーといえばドローポーカー。
手札が5枚あって交換するやつだ。

でも世界の主流、またカジノで行われるポーカーはテキサスホールデム。ドローポーカーとは全然違う。

この記事ではドローポーカーとテキサスホールデムの違いを解説する。

SPONSORED LINK

ドローポーカーのルールのおさらい

まずは子供の頃にやって以来、忘れてしまった人もいるだろうからドローポーカーの復習から始めよう。
 

ドローポーカーのルール

  1. カードを5枚ずつ配る
  2. 順番にベットアクションをする
  3. 順番に好きな枚数のカードを交換する
  4. 順番にベットアクションをする
  5. 手札を公開して勝負が決まる
 
ベットアクションをするにはチップが必要なのでチップがない場合は、
ベットアクションを省略してやってたりする。

私はチップを使ってドローポーカーをやった記憶はない。
当たり前だけどものすごくつまらなかった。
 

ポーカーの役(弱い順)

  • ノーペア(ハイカード):役なし
  • ワンペア:同じ数字のカードが2枚
  • ツーペア:同じ数字のカードが2枚ずつ2セット
  • スリーカード:同じ数字のカードが3枚
  • ストレート:5枚が連番
  • フラッシュ:5枚の絵柄が同じ
  • フルハウス:ワンペア+スリーカード
  • フォーカード:同じ数字のカードが4枚
  • ストレートフラッシュ:5枚が同じ絵柄でかつ連番
  • ロイヤルストレートフラッシュ:数字が10.J.Q.K.Aでかつ同じ絵柄
 

ポーカーの役の例

  • 役なし:257TK
  • ワンペア:77594
  • ツーペア:44225
  • スリーカード:33389
  • ストレート:23456
  • フラッシュ:7♠9♠Q♠K♠3♠
  • フルハウス:22666
  • フォーカード:55552
  • ストレートフラッシュ:4♠5♠6♠7♠8♠
  • ロイヤルストレートフラッシュ:T♠J♠Q♠K♠A♠
 

役が同じ場合の優劣

役が同じ場合、数字で優劣が決まる(絵柄の強さに優劣はなし)
 

ワンペア同士

AA364>KKTQ4

同じランクのワンペア同士

AAK64>AAJT3

この場合、Aを除いたカードの中で一番数字が高いもの同士を比べる。
Aのワンペア、Kハイ>Aのワンペア、Jハイ

ノーペア同士

A345T>KQ569

一番数字が高いカード同士を比べる
Aハイ>Kハイ

フラッシュ同士

A♠8♠3♠5♠4♠>J♠T♠2♠6♠9♠

一番数字が高いカード同士を比べる
Aハイフラッシュ>Jハイフラッシュ

テキサスホールデムのルール

テキサスホールデムはドローポーカーと違って手札は2枚しかない。
あとは場に出る共通カードと合わせて役を作る。
 

テキサスホールデムのルール

  1. カードを2枚ずつ配る
  2. 順番にベットアクションをする
  3. ディーラーが3枚のカード(共通カード)を場に出す
  4. 順番にベットアクションをする
  5. ディーラーが4枚目のカード(共通カード)を場に出す
  6. 順番にベットアクションをする
  7. ディーラーが5枚目のカード(共通カード)を場に出す
  8. 順番にベットアクションをする
  9. 手札を公開して勝負が決まる

細かいベッドアクションや順番のルールは長くなるのでこちらの記事を読んでほしい。

この記事では細かいルールよりも大まかなルール、大きな違いだけ解説している。

テキサスホールデムは究極の心理戦 大の大人がガチでハマる

ドローポーカーが自分が持ってる5枚のカードだけで役を作るのに対し、テキサスホールデムは自分が持ってる2枚のカード+場にある5枚のカードの合計7枚で役を作る。
ここが決定的な違いだ。

例えばあなたが
A6を持ってたとする

場に出る最初の3枚のカードが
A25だったとする

A6をもってるあなたは他にA持ってる人がいなければかなりの確率で勝てるので積極的にベット、レイズして賭け金を上げたい。
でももしあなたのベットに対して、レイズしてきた人がいたらどうだろう?

あなたがAを1枚持ってる以上、Aはあと2枚しかない。
A25という3枚のカードから作れる役なんてたかが知れてる。

あなたはベットしているから相手からはあなたがA持ってることがバレてる可能性が高い。

その上でレイズするということは相手はAを持ってるあなたに勝てるカードを持ってる可能性が高い。

例えば
22か55持っててスリーカード、またはAK持っててAのワンペアにKのキッカー(お互いAのワンペアの場合、3番目に強いカードの数字で勝負が決まるが、このカードをキッカーと呼ぶ)。

つまりあなたはせっかくAを引いたと言うのに勝負に負けることになる。
こういう場合は相手がブラフを余程よくする人じゃない限り勝負を降りるのがセオリーだ。

テキサスホールデムはこんなふうにベットアクションで相手が持ってる2枚のカードを推理できる。
これがテキサスホールデムの面白さだ。

基本的にゲームといえば1番強いハンドを持ってる人が1位で2番目に強いカードを持ってる人が2位で、みたいに順位がつくもの。

でもポーカーは違う。
2番目に強いカードを持ってる人が自分が1番強いカードを持ってるんじゃないかと思って1番強いカードを持ってる人のベットにコールしてお金をどんどん賭けてしまう。
その結果1番強いカードを持ってる人が1位で2番目に強いカードを持ってる人が最下位となる。

これは2番目に持ってる人のカードが強ければ強いほど被害が深刻になる。
Aハイフラッシュ対フルハウスとか、フルハウス対4カードなんかがそうだ。

こういう勝負では2番目に強いカードを持ってる人は自分が最強だと思い込んでオールイン(持ち金全部を賭けること)してしまう。
その結果、破産だ。

また全然強くないカードを持ってる人が最強のカードを持ってるふりしてブラフで攻めるのももちろんあり。
初心者にはあまりおすすめしないが、テキサスホールデムでブラフは当たり前のように行われる。

そんな究極の心理戦ができるゲームがテキサスホールデム。
ランダムでハンドが決まるだけのドローポーカーとは完全に世界が違うのだ。

まとめ

  • ドローポーカーは5枚の手札を使って役を作るゲーム
  • テキサスホールデムは2枚の手札+5枚の場の共通カードの合計7枚を使って役を作るゲーム
  • テキサスホールデムは共通カードのおかげで相手のハンドが読めるため、心理戦要素が強い
 

カジノゲームを覚えたいなら100%ポーカーをおすすめする理由

2016.11.14
SPONSORED LINK

これもおすすめ!