ノートパソコンを旅行で持ち運ぶ際の注意点と正しい持ち運び方

最近、旅行でノートパソコンを持ち運ぶ人が増えている。
でもノートパソコンって実は結構もろく、旅行で持ち運ぶと負担がかかり、壊れやすい。

この記事では、ノートパソコンを旅行で持ち運ぶ際の注意点とノートパソコン持ち運び専用バッグの紹介をする。

SPONSORED LINK

ノートパソコンを旅行で持ち運ぶ際の注意点

実はノートパソコンは振動に弱い。

ノートパソコンの核であるハードディスクは精密機械。
数ミリ単位の小さなネジが無数に組み込まれて作られている。

こういった超小さなネジは振動で外れやすく、外れるとノートパソコン内部を移動して変な場所に入ったりして故障の原因になる。

実際、キャリーバッグを買った人のレビューを見ると

キャリーバッグにノートパソコンを入れてコロコロ転がして運んでたら半年~1年の間にパソコンが壊れてしまったという事例が多い。

  • キャリーバッグに入れてコロコロ転がして運ぶ
  • ノートパソコンが入ったバッグをキャリーバッグの上に乗せてコロコロ転がして運ぶ

これらはどちらもNGだ。

また、ノートパソコンが入ったバッグを

  • 車の座席下の足元に置く
  • 電車の床に置く

車や電車も床に置くと強い振動がバッグ越しに伝わってしまう。
なので床に置くのはNG。

トランクに入れるときは振動で車内の壁にぶつからないよう固定するかクッションを置くなど工夫した方がいい。
 

SPONSORED LINK

ノートパソコンの正しい持ち運び方

持ち歩いているとき

  • リュックとして背負う
  • 手提げバッグとして持つ

これが基本。
 

車に乗っているとき

  • 座席に置く(シートベルトで固定するとなおよい)
  • 座席の膝の上に置く
 

電車に乗ってる時

  • 手で持つ
  • 膝の上に置く(座ってる場合)
  • リュックで背負う(立ってる場合)
  • 座席頭上の荷棚に置く
 

また、都会の場合はたまにあるが満員電車で押されたときにノートパソコンが入ったリュックが固い壁にぶつかり、その衝撃でパソコンが壊れたという事例も結構ある。
この場合、誰も保証してくれないので100%自腹で修理か買い替え。かなり痛い。

満員電車にノートパソコンを持って乗車するのは極力避けた方がいい。

ノートパソコンを持ち運ぶ時のおすすめ専用バッグ

ノートパソコンを旅行で持ち運ぶ際に便利な専用バッグを紹介する。
ノートパソコン用のポケットがついた大きな背負うタイプのものと、ノートパソコン専用のインナーバッグの2タイプを紹介する。
 

PC用クッション性インナーポケット付きショルダーバッグ

ザ・ノースフェイスのBC FUSE BOX

値段:11,102円

パソコンバッグの大手「THE NORTH FACE」のPCバッグ。
デザインがかっこよく、機能もバッチリだ。


期間限定 25%off 送料無料 ザ・ノースフェイス
 

サンワサプライの3WAYビジネスバッグ 大容量25リットル

値段:6,480円

パソコン専門会社だけあってサンワサプライのバッグは衝撃吸収性が抜群に高く、安心だ。
こちらのバッグは3wayタイプで手提げ、肩にかける、リュックとして背負う、とすべて可能。

大容量なのでで2~3日の旅行ならコレ1つでOK。


【送料無料】3WAYビジネスバッグ 大容量25リットル
 

TIGERNUのシンプルなリュックサック

値段:4,286円

見た目はシンプルな普通のリュックサックだが、実は機能がすごい。

  • 17インチのパソコンがらくらく入る大きさ
  • 小物を分けるポケットが充実
  • 内側に盗難防止ポケット付き

海外に行く人にぴったりだ。


男女兼用 機能満載リュックサック ノートPC入れ
 

インナーバッグタイプ

Amazonベーシック

値段:998円

シンプルイズザベストを体現するアマゾンのPCスリーブ
さすがアマゾンクオリティ。評価も高い。


Amazonベーシック ノートパソコン ケース スリーブ 14インチ
 

エレコム インナーバッグ

値段:945円

PCスリーブでアマゾンランキング1位の商品。
マウスやACアダプターを入れるポケット付きで便利。


エレコム インナーバッグ 取っ手付 15インチ~16.4インチワイドサイズ対応

まとめ

  • ノートパソコンは意外ともろいので旅行で持ち運ぶときは注意が必要
  • 基本的に振動を与えないように持ち運ぶ
  • ノートパソコン専用のクッション性ポケットのあるバッグやインナーバッグに入れて持ち運ぶといい
 

飛行機にノートパソコン持ち込み 預けるのはNG? 手荷物検査のX線は?

2017.02.01
SPONSORED LINK

これもおすすめ!