飛行機でパソコンやスマホでネットは使える? ポケットWiFiは?

最近、飛行機からLINEを送った!など、飛行機内でインターネットが使えるという噂を聞く。
でも本当に使えるのだろうか?

また使えるとして無料なのか、有料なのか?
ポケットWiFiは使えるのか?

この記事では、飛行機内でのインターネット事情について解説する。

SPONSORED LINK

飛行機でパソコンやスマホでネットは使える?

かつて飛行機内でのインターネットは使えず、電子機器は電源を切らなければならなかった。

しかし、2014年9月から使用可能になった。
今ではパソコンもスマホも、機内WiFiを使ってインターネットが使える。

ただしANA,JALともに有料。及び区間や飛行機によって使える場合と使えない場合がある。
そもそも飛行機がWiFi機能を持ってないと使えないからね。

言い換えると、個人のポケッとWiFiやWiFiルーターは使えない。
こういうのは地上の携帯の電波を利用して通信を受信してるので飛行中はまったく繋がらないのだ。

飛行機でフライト中に使えるのは飛行機についてる機内WiFiのみ。
また、機内WiFiは使える時間が決まってる。
 

飛行機内でWiFiが使える時間

飛行機内で機内WiFiが使える時間

離着陸の上昇、下降中以外の安定飛行中

この時間は各航空会社の機内WiFiが使える。

飛行機の機内WiFiの利用の仕方

機内WiFiが使えると言っても、これは契約してないと使えない。
契約は機内でできる。
 

機内WiFiの利用の仕方

JALの場合

Gogoアカウントに登録が必要だが、機内で申込み可能。

JALのWiFi手続きの手順
  1. 使用デバイスの機内モードをオンにする
  2. ワイヤレスネットワークから「gogoinflight」を選択してWi-Fiに接続する
  3. ブラウザを開く
  4. 自動的に機内Wi-Fiポータルサイトが表示されるのでそこから接続ボタンを選択して手続きする

 

ANAの場合

ANAのWiFi手続きの手順
  1. 使用のデバイスの機内モードをオンにする
  2. ワイヤレスネットワーク SSID[ANA-WiFi-Service]を選択し、WiFiに接続する
  3. ANA公式モバイルアプリか、ブラウザを立ち上げる
  4. ANA公式アプリメニューから「国内線機内Wi-Fi」を選択し、ANA Wi-Fi Serviceポータルサイトを表示して利用する

機内シートポケットにある青い冊子「ANA Wi-Fi SERVICE GUIDE」を見ながらやると簡単。
 

機内WiFiの料金は?

JALのWiFiサービス

料金
無料

JALは現在、機内WiFi無料キャンペーンを行っている。
機内WiFiを使いたいならJALを利用するとお得だ^^

無料キャンペーン期間は
2017年2月1日~8月31日まで
 

ANAのWiFiサービス

料金(USドル)
  • 30分プラン - $4.95 *15MB上限
  • 1時間プラン - $8.95 *30MB上限
  • フルフライトプラン - $19.95 *100MB上限

有料なのに制限が厳しく数十MBしか使えないため、できるのはせいぜい軽いウェブサイトの閲覧かメールやラインなどのデータ通信量の少ないことぐらい。

この程度の通信料では動画は見れないし、ゲームも難しいだろう。

株やってる人とかビジネスでどうしてもという人には便利かもしれないが、一般人にとっては使える機能が限られてる割に割高で使いにくいと思う。
 

SPONSORED LINK

個人のポケットWiFiは使えないの?

先に述べたように個人のポケットWiFiは空の上まで電波が届かないので使えない。
ただし、飛んでる最中に関しては機内WiFiしか使えないが、一部個人のWiFiを使える時間が存在する。
 

飛行機内で各個人のWiFiによるインターネットが使える時間

  • 乗車から飛行機のドアが閉まるまで
  • 地上滑走から降りるまで

実質使える時間はかなり短い。

また、海外の場合は日本から持っていった国内用のポケットWiFiなどを使ってはいけない。
使うと大変なことになるので注意しよう。

またスマホやタブレットなども現地に着いたら勝手に電波を受信しないよう、機内モードにしておくべきだ。

参考:日本のポケットWiFiは海外で使える? 海外の無料WiFiやレンタルWiFi
 

電波を発する機器を使ってはいけない時間

実は飛行機でのフライト中はポケットWiFiなどは使えないものだが、電源ONにすることはできる。
でもこれは絶対にしてはいけない。

飛行機のフライト中の電波を発する電子機器の使用は航空法で禁止されており、破ったら50万以下の罰金が科される。
例え使えない状態であってもポケットWiFiの電源をONにしておけば電波を発してしまうのでNG。

禁止されてる時間は離陸時は飛行機のドアが閉まったらときから使用禁止タイムに入る。
そこからずっと使用禁止時間が続き、着陸時は滑走が終了し、地上走行に入ったところで客室乗務員の案内により、使用可能になる。

また、電波を発する電子機器の中にはBlootoothのイヤホンなども含まれるので注意しよう。
 

電波を発しない電子機器の使用は?

電波を発しない電子機器に関してはいつでも使用可能だ。

パソコンやスマホは機内モードにして電波を発しない状態にすれば使用できる。
まぁできるのはオフラインのゲームとか、メモ帳使うとか、ワードやエクセルみたいなネット使わない機能だけだけどね。

あとはウォークマンとか電子辞書なども電波を発しないなら使用可能。
こういうのは基本オフラインだから使用できるはずだけど最近のものはたまにネット使えるものもあるので注意しよう。

まとめ

  • 飛行機でパソコンやスマホでネットは機内WiFiが設置された飛行機で、一部の区間で、安定飛行中のみ使える
  • 機内WiFiを使うには機内WiFiサービスと契約が必要だが、これは機内で割と簡単にできる
  • 現在JALは無料キャンペーン中なので無料、ANAは有料
  • 個人のポケットWiFiなどは電波が届かないので使えないし、航空法で使ってはいけない決まりになっている
SPONSORED LINK

これもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。